クラウドサービスなので
「さくっと!」始められる

AI-OCR

Overview

さくっと!AI-OCR with AI insideとは、手書きの文字や帳票の文字を画像として読み取り、データ化して抽出可能な、AI技術を使ったOCRサービスです。

大量な書類の文字をデータ化することにより、帳票処理業務の稼働時間を大幅に削減することが可能です。

※本サービスのご利用には、帳票類を電子化するスキャナなどの機器、およびインターネット接続環境が必要です
※本サービスは、AI inside 株式会社の文字認識AIを活用しています

利用手順は簡単3ステップ

01 書類・帳票をアップロード
02 AIを使ってデータ化
03 読み取り結果をファイル出力

3つのポイント

01 高い読み取り精度

こんな文字でも読み取れました。

くせ字
くせ字
訂正印
訂正印
手書き訂正
枠はみだし
複数行
複数行
枠はみだし
手書き訂正
02 わかりやすい利用者画面

直感的で使いやすいブラウザベースの利用者画面

簡単なマウス操作だけで、読取の設定が可能です

03 RPAと連携できる

RPAと組み合わせる事で、さらに稼働時間を大幅に削減

  • 同じ様式を何枚も自動で認識するので、稼働削減が期待できます
  • RPAツールに連携することで、投入や読取結果の活用の自動化を進められます

C3indexはBizRobo!をオススメしています。

詳しくはこちら

  • 日々大量に入荷する商品の品目・数量に間違いがないか、商品と納品書を照らし合わせ、実数に手書き訂正する作業をされています。納品確認後の納品書を『さくっと!AI-OCR with AI inside』で読み取り、販売管理システムにデータとして受け渡すことにより、納品受入れ業務の自動化を実現しました。
    導入前は、納品確認後の大量の納品書を担当の方が時間を掛け、販売管理システムに一件ずつ手入力されていましたが、『さくっと!AI-OCR with AI inside』がチェックの有無、訂正された実数の情報を高い精度で読み取り、販売管理システムへデータ連携することで、煩雑な作業を軽減しました。

    某スポーツ用品小売業様

  • 商品の仕入先ごとに異なる送信方法(郵送、メール添付、FAX)、異なる書式で請求書が届くことに対して、『さくっと!AI-OCR with AI inside』で仕入先ごとに書式を設定し、ソーターで振り分けて読み取り、経理システムにデータとして受け渡すことで、支払い処理業務の自動化を実現しました。

    導入前は、請求書が届く度に、一件ずつ経理システムに手入力されていましたが、様々な書式の請求書を一度にまとめて『さくっと!AI-OCR with AI inside』が高い精度で読み取り、経理システムへデータ連携することで、面倒な作業を効率化しました。

    某小売業(お土産物屋)様

1
2
さくっと!AI-OCR with AI inside

料金体系

01

初期導入費用

価格
0円

02

月額

価格
30,000円〜(税別)